『谷原ゆき』今日もまた、私は義父に抱かれるのでしょうか…